水漏れ原因でもあるトイレの詰まり対処

トイレが詰まり水漏れが起きることがあります。ひどい場合は水を流すと便器から水があふれ出るようなことになります。市販のトイレットペーパーを少量使用しているのであれば水に溶けるのでそう簡単に詰まることはないでしょうが、それ以外の物を流してしまうと詰まりの原因になる恐れがあります。
詰まってしまったところが便器内であれば専用の道具を使って解決できます。しかし、便器外の排水管で詰まると解決は難しくなります。排水管ごと取り替えるか、業者に頼んで詰まりを取り除く専用の機械を使って解決してもらわなければなりません。
いずれにせよまずは詰まらせることになるようなことをしないことが重要です。一つはトイレットペーパー以外を使用して流さないことです。仮に便とトイレットペーパーしか流していないのに詰まってしまったら、ひとまず時間を置いてみてください。トイレットペーパーが溶けて流れるようになることが多いです。

■便器内の詰まり解消

トイレで水を流したら流れが悪く、便器内の水位が上がってくることがあります。このときは便器内で流したものが詰まっています。まずは、無理に何度も水を流さないようにしましょう。便器から水が溢れると掃除が大変になります。詰まったトイレットペーパーが溶け出し勝手に流れることも考えられます。
水位が正常値にまで下がってからもう一度流してみて、また流れず水位が上がるようであれば、ラバーカップを使って詰まりを取り除きます。便器の奥までカップを入れ上下にシュポシュポと動かして使いますが、これによってほとんどのトイレの詰まりは治ります。
ラバーカップはホームセンターなどで簡単に手に入ります。値段も高くないので、詰まらせたことのない家庭でも常備しておくと安心です。

■排水管内の詰まり解消

ラバーカップを使用しても詰まりが解消されなければ、排水管内で詰まっている可能性が高いです。もうここまでくると自力で解決は難しい状態です。もがくことなく業者を呼ぶようにしましょう。
業者を呼ぶ際には、水道局指定業者を呼ぶことが大切です。排水管内の詰まったものを取り除く、もしくは排水管ごと取替える工事になると、いわゆる水道工事に該当しますので指定業者に行ってもらう方が賢明です。排水口から専用の機器を入れ込んで排水口をきれいにしてもらいますが、排水管をきれいにする機械を用いて工事をする場合もあるので、専門の知識と経験を持った業者の方が安心です。
排水管の交換ともなればその後に水漏れが起きないよう細心の注意で施工してくれる工事業者でなければ依頼をしてはいけません。目先のコストダウンにとらわれないよう、指定業者への発注をするように心がけます。

■まとめ
トイレ 水漏れはさまざまなことが原因で起きますが、流したものを詰まらせることでも起きてしまいます。トイレの詰まりは大概はラバーカップを使えば解消されます。
しかし、排水管を詰まらせてしまった場合はラバーカップでは解決できません。業者を呼んで対処してもらうのが良い方法です。素人の対処では後々もっとひどい不具合を引き起こしかねません。水道工事が必要だと割り切って業者を呼ぶのが賢明です。
水道工事は後から水漏れが起こると最悪の事態になりかねないため、工事業者は水道局指定業者から選ぶようにします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ