トイレ水漏れの故障を交換で解決

一口にトイレといっても様々なタイプのトイレが使用されています。現在では水洗トイレが大多数を占めていますが、中にはトイレ自体が水洗でない汲み取り式のものも存在します。また、水洗用の水をためておくタンクのあるものとタンクレスのものがあります。
いずれにせよ新しいトイレへ取替える理由は人によりさまざまでしょう。リノベーションやリフォームに伴うもの、単に便器を新調するもの、トイレの水漏れによる入換えなどがあります。主流は洋式便器のウォシュレット機能付ですが、さまざまなタイプのものから選ぶことができます。

■一番簡単な交換

既存の便器がウォシュレットタイプの場合で簡単にできるのは、便器本体はそのままに上ぶたと便座部分を取り替えることです。交換だけであれば自分でも行えるため、そうなれば工事代金もかかりません。ホームセンターや家電量販店などで適合商品を購入し自分で取り外しと取り付けをします。新しい便座の購入と交換を自分で行うことで、コストカットにもつながります。
ウォシュレットの製造メーカー各社からさまざまな機能のものが販売されているので、目的に合ったものを選ぶことができます。おしり洗浄の機能を重視して選ぶもよし、清掃しやすい形状を選ぶもよし、省エネタイプを選ぶこともできます。この交換だけでもかなりの変化をもたらしてくれますし、高い満足度を得られます。

■便器丸ごと交換

和式の便器または洋式の便器どちらのタイプからも新しい最先端の便器へ交換できます。さすがにこの工事は自前では難しいので業者に依頼します。大々的な工事になると配管工事が伴います。上水側、下水側どちらの配管であっても素人が簡単にはできません。
この時注意が必要なのは業者の選択をする際には水道局指定業者へ依頼することです。便器を丸ごと入れ換えする工事であればそれは水道工事です。水道局指定業者に施工してもらうことで後々の水漏れなどの対策も十分行ってくれるので安心感を得られます。どこが指定業者か分からなければ、お住まいの水道局へ問い合わせれば教えてもらえます。

■まとめ
トイレの交換をする際には水漏れ以外にもさまざまな理由があるでしょうが、どんな理由にせよ今はベストな選択をすることが可能です。各メーカーからさまざまなデザイン、機能の便器が販売されており、選択肢が広くどんな状況にもマッチしたものを選ぶことができます。注意が必要なのは工事が水道工事になる場合、水道局の指定業者に依頼することです。安易にそうではない業者に依頼して、後で水漏れなどが起きないようにしましょう。
トイレの交換は住宅設備の中でも頻繁に行われていて、依頼者側にとって楽しく商品を選べるわりと安心な工事です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ