トイレ ウォシュレットの最新機能事情と水漏れが起こる原因

温水洗浄機能のついた便器が生まれて現在に至るまで、この機能の認知と人気を否定することはできません。現在この人気は日本にとどまらず海外へ輸出されるようになりました。それによって日本だけではなく海外でもウォシュレットは認知され、セレブの家庭のトイレではすべての便器をウォシュレットにするところもあるほどです。
しかし、広く普及することは水漏れなどの問題も件数的には増えることを意味します。初期のタイプを使っている家庭では老朽化の問題も発生します。また掃除やメンテナンスを全く行わないという家庭もあるかもしれません。
近年、さまざまな機能を搭載した便器が手に入りますが、それぞれに特徴があるように水漏れなどの原因や箇所なども多様化しています。

■ウォシュレットの高性能化

日本におけるウォシュレットには歴史があります。温水洗浄機能一つをとっても温度調整、水勢調整、リズム変化など進化し続けています。
ウォシュレット機能を搭載している便器はそれ以外の機能が充実しているものもあります。便ふたの自動開閉機能は、人を感知するとふたが自動的に開き、いなくなると閉じます。においを感知し消臭機能が付いているものもあります。そして汚れが付きにくい新素材の便器なども開発されています。
このように最先端技術を駆使した便器が日々研究開発されています。われわれはそれらの機能の中から好みのものを選ぶことができます。

ウォシュレット 水漏れの原因

ウォシュレットからの水漏れの多くは洗浄ノズルからが考えられます。最新のものではノズルの自浄機能が付いているものがありますが、以前のタイプでは定期的な清掃が必要です。
ノズルの素材のほとんどがプラスチックです。また、部品も繊細にできているため、メンテナンスである清掃を怠けると故障の原因になりやすいです。トイレ掃除自体は定期的に行っている人でもノズルの清掃は時々しか行っていないという人も少なくありません。
ウォシュレットの水漏れ予防をしっかりするにはやはり定期的なノズルの清掃が必要で、取扱説明書に詳しくその方法が記載されています。難しくありませんので一度経験すると次回からはハードルが低くなります。

■まとめ
洋式の便器の普及に伴いウォシュレットの普及も広がりました。その間使用者の要望を満たすさまざまな機能が付加されていき、付加する機能が増え消費者にとって選択肢が格段に増えました。
ウォシュレットの出荷台数が増えると同時にトラブルが増えるのは必然です。その多くは水漏れですが、使用者の定期的な清掃とメンテナンスで減らすことができます。特にノズルのこまめな清掃が大事になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ